FXで億トレーダーになるために

は技術も必要ですが、基本となる心得をしっかりと胸に刻んでおく必要があります。 その中の一つが

レバレッジコントロール

の徹底であり、負けているときや勝っている時に乱れやすいので覚えておくようにしましょう。 レバレッジをかければ少額の資金でも大きな取引ができるので、勝つことができれば効率よく資金を増やすことができます。 それだけの技術があればレバレッジを資産を増やすのに非常に役立ってくれるので、その一方で負けたときの損失も大きくなることを忘れてはなりません。 勝ったときのことばかり考えて、負けたときのことを考えないと、ただ損失を膨らませて終わってしまうことになります。 負けている時にはレバレッジきかせて今までの損を取り戻そうとしてしまいがちですが、そもそも負けているということは取引内容に問題があるということであり、そのような状況でレバレッジをかければ傷口を広げてしまうだけです。 勝っている時であれば多少リスクが取れますから、レバレッジを高めるのも手法のひとつですがイケイケドンドンで勝っているからという理由だけでレバレッジをかけすぎるとせっかく今まで積み重ねた利益をふいにして、逆にマイナスに転落してしまうこともよくある話です。 それだけにレバレッジコントロールは常に適切な大きさで行うことを冷静に考える必要があります。 レバレッジコントロールと同様に大事なこととして、

ロスカット徹底と利大損小

があります。 FXをするにあたって全勝というわけは行きません。 長期的に見れば期待値の高い取引をすることで収支をプラスにすることは十分に可能ですが、短期的に見て勝つか負けるかは五分五分です。 それだけに目論みと相場が違う動きを見せた時には、できるだけ早めにロスカットをして損失を最小限に抑える必要があります。 もちろん、損切りをせずに様子見をしたほうが良い場面もあることは事実ですが、戻ってくるかも知れないという期待にかけてロスカットを躊躇すると結局は損失が膨らむ一方で、たった一度の負けで挽回がきかないぐらいの損失がでてしまうこともあるため、ロスカット徹底は勝つために必須となります。 そして、ロスカット徹底と対になるのが利益をできるだけ伸ばすという点にあり、どれだけ損切りが上手くても利益を伸ばすことができなければ億トレーダーになることはできません。 損切りだけでは損切り貧乏になってしまうため、勝つためにどうしても利益を伸ばす技術も必要となってきます。 ロスカット徹底をするのは慣れてしまえばそれほど抵抗のあるものではないのですが、利益を伸ばすのはなかなか容易なものではありません。 人間の心理として利益がでていたのがマイナスに転じてしまう方が精神的なショックが大きいだけに、早めに利食いをしてしまいがちです。 その心理に逆らうようにできるだけ我慢をして、利益を伸ばしていくことこそが億トレーダーの道となります。