FXで億トレーダー

を目指すためには様々な心得を身に着けて実践する必要があります。その一つとして挙げられるのが、利大損小のトレードをする事に重点をおくことです。利大損小のトレードなら大きく勝つことが出来ますし、負けた場合でも損失を限りなく減らすことが出来ます。利大損小なトレードを実現するためには様々な技術を身につける必要があり、その内の一つがレバレッジコントロールです。

レバレッジコントロール

は大きすぎると直ぐにポジションを失ってしまう事になるので、利大損小のトレードを行うことが出来なくなります。利大損小のトレードを行うためにはレバレッジコントロールを常に頭において考えることが大切です。特に初めてレバレッジをする方はレバレッジコントロールの方法を身につけるまで多くの時間が掛かることになります。レバレッジコントロールを覚えるまでに大きなポジションを持ってしまうと一日で全ての資産が無くなってしまうことも珍しくありません。 その為、レバレッジコントロールを身につけるまでは大きなポジションを持つのではなく、小さなポジションでトレードを繰り返して技術を身につける必要があります。特に大切なのはロスカット徹底になり、この

ロスカット徹底

ができるかどうかで失う資産の量が決まることになるため注意が必要です。ロスカット徹底をしていない場合は、取引所に置いている全ての資産をなくすことにもなりかねません。証拠金維持率をギリギリにして取引をすると強制的に決済されてしまう場合もあります。その様な状態に陥らない為にも証拠金維持率ギリギリまでポジションを持ち続けるのではなく、自分でロスカットをする位置を決めてからロスカット徹底をすると資産を守ることが出来る様になります。 自分の持っているポジションで損をしたくないと考えてポジションを持ち続けてしまうと強制的に決済されてしまう可能性も高くなり、利大損小の取引を行うことが出来なくなるので注意が必要です。 ロスカット徹底が完全にできるようになるまではかなりの経験と技術が必要にはなりますが、何度もトレードをすると段々と経験と技術を積み重ねる事が出来るようになるため、ロスカット徹底をする場所を見誤る事もなくなります。 専業トレーダーとして億トレーダーになる為にもこの技術を身につけるのは必須方法の一つにもあります。ロスカットをすることの出来ないトレーダーはポジションを持つことしか出ませんので、損切りをする事ができないため、激しい値動きに対応をすることが出来なくなるので注意が必要です。FXは通貨によっても値動きが違いますが、世界情勢によっても値動きは激しくなることが多くなります。悪いニュースが出ると値下がりする傾向にありますし、良いニュースが出ると値上がりする傾向にあります。悪いニュースが出た時には一気に値下がりする事もありますが、自分自身でロスカットのポイントを決めておくことが大切です。