国内FX業者がどのように利益を上げているのかというと、スプレッドがFX会社の利益だと答える人も多いでしょう。しかしこれは半分が正解で、半分は間違いと言えます。スプレッドとは通貨の売値と買値の差のことを表しているため、確かにスプレッドはFX会社の確実な利益となるでしょう。しかしFX会社がそれだけで利益を上げているわけではありません。スプレッドだけをみると、近年の日本のFX会社はスプレッドの小ささを競い合って集客しようとした結果、中にはスプレッドがゼロのFX会社まで存在しています。このような

国内FX会社がどうやって利益を上げているのかというと詐欺行為によるものです。

その行為の一つが顧客からの注文をカバー先と呼ばれる上位のFX会社に通さずに、自社の中で受け止めるものです。当然のことながら顧客が利益を上げることにより、その分FX会社は損をすることになるでしょう。統計的にも約9割のトレーダーが長期的にみるとマイナスになっているので、トータルで見た場合にFX会社がその行為によって損をすることはありません。そのような中にも優秀なトレーダーがいて、コンスタントに利益を上げ続けている人もいるでしょう。そのようなときにFX会社が行うものがスリッページストップ狩りと呼ばれるものです。

スリッページとはトレーダーが意図したレートと、実際に約定したレートに差が発生する現象

のことを指し、当然のことながらこれはトレーダーにとっては非常に不利な現象で、反対にFX会社にとっては都合の良い減少と言えます。ポジションをヒットさせることによりロスカットさせ、利益を上げるという方法です。このようなばかげた行為が行われているのかと思う人もいるかもしれませんが、優秀なトレーダーであればあるほど、このような操作の対象となります。そして驚くことにこれらの不正行為は法律的には合法です。

そしてもう一つが約定拒否と呼ばれるものです。

これはスリッページと同じように、国内のFX会社の口座で起きるトレーダー泣かせの現象です。もしもトレーダーが約定拒否をされることによって損害をこうむると、その損失はFX会社の利益となります。FXの取引きの際にポジションを持って利益が出ていたとし、利益を確定しようと考えて再注文ボタンを押そうとしたときに、どうわけだか取引き画面の背景が暗くなって、すべての注文を受け付けなるという現象があります。この現象が何秒かが続くことにより、その間にせっかく出ていた利益がマイナスになってしまうというケースです。このような現象がグレーアウトと呼ばれるもので、つまりは約定拒否の事をさしています。トレーダー自身のインターネット環境が原因だと思っている人は多いですが、実は国内のFX会社がたびたびに意図的にグレーアウトを引き起こしてトレーダーに不利益をもたらしているといわれています。 そのため優秀なトレーダーはよりFX会社選びに神経を使う必要があるでしょう。優秀なトレーダーが日本のFX会社を使うことはまずありません。その理由はスプレッドが小さいことから、不正行為が多いと言われているからです。