FXを始めるなら、海外より国内業者の方が安心感は高いと思うかもしれません。 確かに国内のFX業者は、金融庁の指導により全ての口座が信託保全されています。 こうしたメリットは海外のFX業者には、またトラブルが起きたときも英語などの外国語で解決をしなければいけないので、それに比べれば国内業者を選べば安全性は非常に高いと言えるでしょう。 そのためFX口座を開設するときには、多くの日本人は国内業者を選択しています。 しかし 国内のFX業者は、必ずしも顧客にとって信頼のできる相手ではありません。 ストップ狩り・スリッページ・約定拒否など、違法ではありませんが詐欺まがいの行為をしている業者もあります。 こうした現実を知っていると、金融庁が監督し国内に拠点があるからと言って無条件には信用できなくなるでしょう。 合法的詐欺行為の一つであるストップ狩りとは、ヘッジファンドなど資金を大量に持つ投機筋が、一般的な投資家が行うストップロスを狩りにいくことです。 一般の投資家がストップロスを入れるタイミングを見計らって大量の売り注文を入れて強引にレートを下げ、パニック的な売りを加速させさらに下げさせます。 ある程度下がったら今度は買い戻して利益を確定させる、これがストップ狩りの手口です。 スリッページとは、注文した価格と約定したときの価格差のことです。 どんなに優秀なサーバーを使っていても、オンラインである以上パソコンやスマホで注文したときと約定されたときには、ある程度の価格差ができてしまいます。 有利な方向にスリッページをするなら問題ありませんが、不利な方向に価格差が広がると顧客には損失です。 システム上スリッページが起きるのは仕方ありませんが、業者によっては不利な方向にばかり起こるとされ、業界全体で許容していると言われるほど当たり前の現象になっています。 約定拒否とは、顧客の注文を受け付けないことです。 普段は成立するのに相場が急変動しているときに限って起きたり、流動性が低下しているときにだけ起きたりと、業者にとって都合の良いタイミングで頻発します。 ストップ狩りもスリッページも約定拒否も、全て顧客の利益を奪う行為です。 基本的にFXは顧客が儲ければ儲けるほど業者は不利益を被るとされており、どこかで資金を回収しないと営業を続けることができません。 そのため顧客の知らない裏でコソコソと姑息な手段を使って利益をかすめ取り、自社の利益にしていると言われています。 安心感があるとイメージできる国内のFX業者ですが、実際は透明性が低く裏で何をやっているのか顧客からは見えません。 そのためストップ狩り・スリッページ・約定拒否などの疑念を顧客に抱かせて、合法的詐欺行為をしていると言われています。 FX取引で安心感を求めるなら、透明性が高い業者を選ぶべきでしょう。