日本の取引所を使うのではなく、海外FX業者を使う理由はゼロカットで追証が発生しないため、初心者の方にも使いやすくなっているのが大きな理由の一つです。初心者の場合にはまだレバレッジを上手く使いこなすことが出来ないので、大きなロットでポジションを持ってしまうことも多く、激しい値動きがあった場合には持っているロットの大きさによってはロスカットされてしまう事も少なくはありません。ゼロカットがある場合はどれだけ大きなロットでポジションを持っていても追証が発生する事がないため、取引所に入れているだけの資産を失うことで助かります。 しかし、日本のFX業者ではゼロカットではなく、追証が発生することになるため、取引所に入れている資産を失うだけでは済みません。そのため、大きなロットでポジションを持つことに関してはリスクも大きくなりますし、レートの公正さを考えた場合にも日本でFXを行うことはハードルが高くなります。 またそれだけではなく、海外の場合はレバレッジに関しても規制が緩いので、ハイレバレッジで勝負をすることが可能です。このハイレバレッジとゼロカットシステムを組み合わせる事で、初心者でも安心してトレードを行うことが出来ます。どれだけ大きなレバレッジを掛けても失う資産は一定以上にはならないので、リスクを抑えることが出来ますし、勝つ時には大きく勝つことが出来ます。ゼロカットシステムのおかげで、追証に怯える心配もなくなるのでチャートを見ている時にも焦る気持ちも無くなるため安心です。特にボラティリティが激しい時にはゼロカットシステムがあるのとないのでは気持ちも大きく変わってきます。自分でストップを入れる部分も変わることになりますので、レバレッジと合わせて効果を発揮することが出来る海外の方が次第に人気が大きくなっています。 また日本に比べるとレートの公正さがある所も大きいのが特徴です。日本の場合はスリッページが起きてしまったり、ストップ狩りが行われたりと利用者にとって不利益になることが多いですが、海外FXの場合ではその様な事は起こりません。 そのため、安心してストップを入れることが出来ますし、スリッページが起きないため、ポジションを持つ時にも自分が想像していたのと違うポジションを持つ心配もなくなります。これも全て日本に比べて海外の方が、レートの公正さを保っているためです。日本ではレートの公正さを保っている取引所はあまり多くなく、利用している方は何かしら不満を抱えている場合が多くなります。そのため、専業トレーダーで日本の取引所を使い続けるには大きなリスクになり、安定して稼ぐためには海外の取引所を利用する方が増えてきている状態です。日本では約定拒否をされることも日常茶飯事ですが、海外では約定拒否をされることはまずありません。サーバーも混み合っておらず、利用しやすくなっていますし、インターフェイスも日本より進んでいる所がほとんどです。