海外FXで億トレーダーを目指すのであれば、最低限3つの心得を忘れてはなりません。

レバレッジコントロール、ロスカット徹底、利大損小この3つのどれがかけてしまったとしても億トレーダーの道は閉ざされてしまい、最終的には相場からの退場を余儀なくされてしまいます。

まず、レバレッジコントロールですが、

FXはレバレッジを掛けることで少ない資金でも大きな取引ができるのがメリットの金融商品です。 しかし、これはそのままデメリットにもつながるもので、少ない資金で大きな取引ができるということは、損失の方に動いた時には資金に対しての損失も大きくなってしまうということです。 レバレッジが大きいと資金が増えていく速度が上がりますが、同時に減っていく速度も上がるので都合のいいことばかり考えてはいけないのです。 特に人間は自分に都合のいいように考えがちであるため、レバレッジをかけるメリットばかりに目が行き、デメリットを見ずに取引をして損失だけ増えてしまうというケースがありますから、適切なレバレッジで取引をすることを常に心がけるようにしましょう。

次にロスカット徹底ですが、

これはFXに限らずすべての投資で言えることです。 投資は必ずしも上手く行くものではなく、むしろ成功をするか失敗をするかは半々ぐらいでしかありません。 それだけに予想と逆の方向に動いた時には、早めに見切りをつけて損切りをすることがいたずらに損失を増やさないために大事なことになります。 特にFXは待っていれば助かるのではないかと思ってしまいがちですし、実際に待っていれば助かるケースも少なくありません。 しかし、常にそのようなことを考えているといつか助からないケースに当たってしまって、一撃で破産をしてしまうレベルの損失を出してしまうことになりかねませんから、損失は小さなうちに確定してしまって次のチャンスを待つほうが効率がいいのです。

最後に億トレーダーになるために重要なこととして、利大損小があります。

利益を大きく損失を小さくという意味ですが、損小に関してはロスカット徹底をすればいいのでここまでは誰でもできるものです。 問題はいくらロスカットを徹底したところで利益を伸ばすことができなければ、やはりジリ貧ですからそれだけで済む問題ではありません。 そこで、利益をどれだけ伸ばすことができるのかが、億トレーダーになるために重要なこととなってきます。 多くの人は含み損には意外に耐えることができ、せめてトントンぐらいになるまで待ちたいと待つことができます。 ところが利益が出ている時には利益を失ってしまうことを恐れて、早めに利食いをしてしまう傾向があります。 欲張らず利食いをするのは悪いことではありませんが、勝つためにはある程度利益を伸ばさなければならないのもまた事実ですから、含み益がある時にどれだけ我慢をして利益を伸ばし、利大損小の状態にしていくことができるかで億トレーダーになれるかどうかがかかってきます。