FXは日本でも人気が高い投資のひとつですが、ここ数年で海外のFX業者を利用するトレーダーが増えています。

海外FX業者には多くのメリット

があります。

ひとつはレバレッジの高さです。

少ない資金で大きな利益を出すには資金効率が重要になります。 FXでは資金にどれだけレバレッジをかけられるかが重要になります。 大きなレバレッジをかけることができれば、それだけ大きなリターンが期待できます。 日本国内では最大25倍のレバレッジしかかけることができませんが、海外FXだと400倍から2000倍と大きなレバレッジをかけることができます。 海外FXはレートの公正さもメリットのひとつですが、さらに大きなメリットがゼロカットシステムです。 海外のFX取引では、どれだけ負けたとしても借金を背負う心配がないので安心して取引ができます。

海外FX業者は追証なしのゼロカットシステム

を導入しています。 ゼロカットシステムとは口座の残高がマイナスになっても残高をゼロにしてくれる保護システムです。 追証制度を採用している場合はトレーダーにとってリスクが大きいですが、追証なしで勝負ができることはトレーダーにとって一攫千金のチャンスが広がります。 マイナス残高というと疑問を感じる人もいますが、FXの世界では一瞬でレートが吹き飛んでロスカットが間に合わずマイナス残高になることがあります。 ゼロカットシステムがあるおかげでリスクが限定され、その中でFX投資ができます。 海外FXの高いレバレッジの魅力は、必要になる証拠金が少なくて済むことです。 少ない資金であっても大きな枚数のポジションを取ることができます。 海外FX業者を利用すると様々な特典があります。 口座を開設して入金するだけでボーナスがもらえるところもあり、とてもお得です。 日本国内のFX業者の中には海外FX業者のような豪華なボーナスを出している例はないため、海外FXに流れるトレーダーが増えているわけです。 取引の透明性が高いのも海外FX業者の特徴になります。 日本のFX業者と海外のFX業者では取引の方法が異なり、日本の場合は店頭取引で海外の場合は電子取引所取引が採用されています。 店頭取引というのはFX業者がトレーダーの注文を受ける取引方法で、トレーダーの注文通りに取引が行われないという特徴があります。トレーダーが損をするほどFX業者が得をするという構造になっています。

海外FX業者の取引所取引はトレーダーの注文通りに取引が行われます。

取引で発生する手数料はFX業者の利益になるので、取引量が増えるほどFX業者が儲かる仕組みになっています。 このような仕組みで取引が行われるため透明性が高いです。 最近は日本語に対応している海外FX業者が増えているので、英語が得意でなくても問題なく取引ができます。 規模が小さいFX業者だと日本語の対応が不十分なケースもあるので、日本語対応とサポートがしっかりしている海外FX業者を選ぶことが大切です。