FXで億トレーダーを目指す際の心得

はいくつもあります。まず初めにするべきことはレバレッジコントロールを身につける事になります。レバレッジコントロールを身につける事ができなければ、億単位の稼ぎをすることは難しくなるので注意が必要です。初心者の場合はレバレッジコントロールを上手くすることが出来ずに少額の資金で大きなレバレッジをかけてしまう事も多くなります。しかし、その様な方法ではロスカットされてしまう可能性も高くなるので、稼ぐことが出来る前に退場させられてしまう危険性も高くなるので注意が必要です。

レバレッジコントロールを身につける事

が出来るようになると、大きなボラティリティが発生しても動じる事もなくなるので安心です。レバレッジコントロールが出来なければ、大きなボラティリティが発生した場合に直ぐにロスカットされる事になります。レバレッジコントロールの使い方をマスターすると億トレーダーになる可能性も非常に高くなります。 他にも心得としては、

ロスカット徹底すること

です。ロスカット徹底をすることで、利大損小の取引ができるようになります。そのままポジションを持ち続けてしまうと底なし沼の様に値下がりする可能性もありますので、利大損小を得るためにはロスカット徹底をする事は必ず必要です。これが出来ると出来ないのでは、大きく結果が異なり、億単位の稼ぎができるようになるか、初心者のまま終わってしまうかの分岐点にもなります。 現在活躍中の億トレーダーも初心を忘れずにロスカット徹底をしており、利大損小の取引を心がけている方が多く居られます。初めの内はロスカット徹底をする事を難しいと感じるかもしれませんが、同じポジションを持ち続けてしまうよりロスカット徹底をする方が遥かに利益を得ることが可能です。ボラティリティが激しい場合には特に徹底する必要があり、徹底をする事により利大損小のトレードをする事が出来るようになります。ロスカットをされるギリギリまでポジションを持ち続けることはトレードを行う上ではマイナスになりますので、注意が必要です。 早めにロスカットを自分で行うことにより、自分の資産を守ることが出来るようになります。資産を守ることが出来るようになると平常心を取り戻す事が出来るようになりますし、次のチャンスを待つ余力を残すことが可能です。 特にゼロカットシステムを採用している取引所を利用して強制的にロスカットされるまでポジションを持つと全ての資産を失うことにもなりかねません。一度退場させられてしまうと次のチャンスを待つ権利を失うことにもなります。 この様にロスカットをする時期が遅くなればなるほど損失が増えていくことになり、利大損小とは真逆の事が起きてしまうため、注意が必要です。億単位の稼ぎを目指す場合には利大損小を考えたトレードを心がけるようにして、強制的にロスカットをされない事が非常に大切になります。