海外FX業者を使う理由は日本の業者に比べて優秀な点が多いため

になります。日本業者の場合にはレバレッジを利用することが出来る倍率が低く設定されている為、少額の資金では大きく稼ぐことは難しくなります。 しかし、海外FX業者ならレバレッジの倍率が高い所が多いので、少ない資金でも大きく稼ぎを出すことが可能です。更に日本業者の場合はレバレッジを利用した取引でロスカットされた場合には証拠金が不足しているのと追証が発生してしまいますが、海外FX業者の場合にはゼロカットシステムが導入されている所が多いため、追証が発生することもありません。追証が発生すると自分の資産をすべて失うだけではなく、更にお金を用意する必要があるため、ロスカットに怯えながらトレードをする必要がありますが、ゼロカットシステムを導入している取引所ならその様な心配もないので安心です。万が一強制的にロスカットをされてしまっても追証を用意する必要がないため、いつでも再チャレンジする事ができます。更に日本と海外の大きな違いとしては、レートの公正さです。日本の場合はスリッページをしてしまったり、サーバーが弱くてボラティリティが大きく出た場合にはトレードをする事が来なかったりする可能性があります。 海外の場合は取引所を利用している人数が多いので、サーバーが落ちてしまうような心配もありませんし、

スリッページが発生することも極稀です。

そのため、レバレッジを利用した取引をするのにもレートの公正さを感じることが出来るので、安心してトレードを行うことが出来ます。日本の場合はスリッページが発生する所が多く、サーバーも不安定な取引所が多いため、海外の様に安定した取引を行うことが出来ない可能性が高いので注意が必要です。 更に海外のゼロカットシステムと合わせて利用することで、初心者でもFXの楽しさと醍醐味を味わうことが出来ます。

日本の場合にはゼロカットシステムが導入されていない為、

初心者の場合は大きなレバレッジをかける事ができません。大きなレバレッジを掛けることができないと資産をなかなか増やすことが出来ないので、面白さを感じることが出来なくなり、次第にトレードにも飽きてしまいます。ゼロカットシステムを導入している取引所であれば、どれだけ大きく掛けたとしても追証がかかる事がないため、初心者でも大きく勝つことが可能です。負けてしまったとしてもゼロカットシステムのおかげで追加で資金を支払いをする事もないので、大胆なトレードをする事ができます。 トレードを上手くなるためには何度もトレードを繰り返して覚えることが大切になるので、

レートの公正さも含めた上で、海外の取引所を利用することには大きなメリットを感じる

ことが可能です。昔は日本語を使うことが出来ない所もありましたが、今は日本語を利用することが出来るようになっているのも海外を利用する一つの理由になっています。