世界の中で最も利用者の数が多い金融商品がFXと呼ばれる外国為替取引であり、日本でも投資している投資家の数は多いのですが、投資家の数が多いのにも関わらずあまり見られない様子として挙げられるのが、海外にあるFXの業者を利用していないというものです。 国内にも業者が存在しているのにあえて海外に目を向けて業者選びをする必要性が感じられないという方が多いため、国内の業者のみにフォーカスを当てて投資をしているという様子なのですが、

海外に目を向ければ国内業者には見られない特徴があり恩恵に授かれる

ようになります。 特に大きな独自性として挙げられる事は非常にレバレッジが高い様子であり、

海外においてはレバレッジが400倍から1000倍というのが珍しくありません。

一方で国内に目を向けてみると2011年に行われた規約の変更に伴い25倍が限度として定められてしまい、以前のように100倍から400倍という数字は見られなくなってしまいました。 そもそも、400倍から1000倍の値になっていたのはFXという取引の方法の人気が高まり熱を帯びていくのに伴い、高い値で取引をする方が増加したため追証が著しく増え損失を大きくさせてしまう方が増えたためです。 金融当局はそのような事態を問題視しており、常々対策を考えていた事もあり大変大きかった数字を25倍という小さな値にまで下げるようにしました。 もちろん、そのような規制は国内にのみ効力を発揮する事なので一歩海外に出れば無効になるため、

これまでと同じように高いレバレッジを求めている投資家達は海外の業者で口座を開くようになっています。

他にも国内の業者には無いものの海外の業者にはある制度として挙げられるのがゼロカットという仕組みであり、安定的かつ安心して取引を実行していくためには大変重宝する仕組みです。 ゼロカットというのは投資家が投資した金額を超えて損失が発生する事はないという制度であり、本来であれば生じる追証がゼロカットされればその後払う義務は一切ありません。 ただし、マイナス分が発生している事は紛れもない事実なのですが、生じてしまっているマイナス分に関しては業者側が補填を実行するため、投資家が負担をするという事はないのが魅力的です。 また、

海外の業者では日本に比べると投資の世界に国の機関などが厳しく目を光らせているという状況下に置かれているので、一切不正が行われないです

し少しでも不正を行おうとする素振りが見られただけで厳しく罰せられてしまいます。 一度でも罰せられてしまう対象になれば以後業者としての運営ができなくなってしまうため、レートの公正さも含めて示されているデータは紛れもなく正しいものです。 尚且つ数多くの魅力から国内でのFXの取引から海外に拠点を移そうとしている方が口座の開設をした時、速やかに口座の手配が行われるのも投資を中断せずに済むというメリットがあり移行が簡単です。