海外FXの信頼性

海外FX業者を使ったFXトレードが最近注目されています。海外FX業者と聞いて心配になる方は多くいらっしゃるでしょう。国内の会社と異なりあまり知名度がないという点や、言語の問題、法律の違いなど未知な部分が多いためです。

しかし海外FX業者には多くの魅力もあります。例えば日本のFXにおける最大レバレッジは25倍までです。一方海外FXでは200倍や500倍、888倍といった高レバレッジの設定が可能です。自己資金をある程度抑えて多くの利益を確保したい方にとっては、ハイレバレッジは大きな魅力となります。

また海外FXは追証なしのゼロカットシステムを採用しています。そのため入金額以上の損失を被ることはありません。国内FXにおいては、急激な相場変動によってロスカットが間に合わずに追証が発生することが珍しくありません。この点においては海外FXの方がむしろ安心して取引の臨むことができます。海外FXは、「海外業者」という1点において不安視されることがあるかもしれません。しかし取引内容やメリットをしっかり確認することによって、安全な取引ができる業者であることが分かります。

海外FXのセキュリティ

海外FXではセキュリティ面で心配されることも少なくないと思います。セキュリティがしっかりした会社であるかどうかを知るためには、幾つかのポイントを確認することが大切です。まずライセンスを取得しているかという点です。有名な海外FXブローカーは基本的に取得しているはずです。ライセンスの中にも特に厳しい基準のものがあります。例えばイギリスのFCAライセンスやキプロスのCysecライセンスなどがそれに当たります。

別の確認ポイントは運営期間や過去のトラブルの有無です。少なくとも3年以上は運営実績があることが望ましいでしょう。またトラブルがないに越した事はありません。ただし不正利用に対して出金拒否を行うブローカーもあります。この場合の処置に関しては一概にブローカーの問題とは言い切れません。

信託保全も確認する

FX取引を始める際は、信託保全に関しても確認が必要です。信託保全は顧客の資金を信託銀行に渡して資産を守ることです。仮に業者が破たんした場合でも信託銀行によって資金の返却が行われます。どの信託銀行に預けられ、どれくらいの資金が返却されるかを確認することで、より安全な取引につながります。