XMとAXIORYの基本情報

XMもAXIORYも有名な海外FXブローカーです。それぞれの基本情報と違いについて見てみましょう。まずXMの基本情報です。XMには一般ユーザー向けの「スタンダード口座」、最小取引単位がわずか10通貨からトレードできる「マイクロ口座」、そして1ロット注文ごとに5$の取引手数料がかかる「XM ZERO口座」の3つの口座があります。

AXIORYには「スタンダード口座」と「ナノスプレッド口座」の2つの種類があります。スタンダード口座は手数料が無料で、ナノスプレッド口座は1lotあたり往復6US$の手数料がかかります。

XMとAXIORYの違い1:手数料の違い

XMの口座の中で取引手数料がかかるタイプは、XM ZERO口座だけです。手数料は1lot(10万通貨)につき片道5US$です。最小取引単位は0.01lot(1,000通貨)のため、1,000通貨で0.05ドル、1万通貨で0.5ドル、10万通貨で5$となります。

一方AXIORYの場合は1lotあたり片道3$です。最小取引単位は同じく0.01lot(1,000通貨)です。1,000通貨取引で0.03ドル、1万通貨取引で0.3ドル、10万通貨取引で3$ということになります。同じ取引通貨量の場合はAXIORYがXMに勝ります。

XMとAXIORYの違い2:スプレッドの違い

続いてスプレッドの違いを見てみましょう。通貨ペアは米ドル/円とします。XMのマイクロ口座とスタンダード口座の最小スプレッドは1.0pipsです。平均スプレッドは1.6pipsとなります。手数料はかからないため、純粋にスプレッドのみのコストです。XM ZERO口座の場合、最小スプレッドは0pipsです。平均は0.4pips程度でしょう。

一方AXIORYの米ドル/円の場合、スタンダード口座の最小値は0.2pipsで平均は1.3pipsほどです。ナノスプレッド口座の場合は最小値が0.1pipsで、平均値は0.3pipsほどです。XM ZERO口座とナノスプレッド口座の最小スプレッドのみを比較した場合、XMの方に分があります。しかし平均値を見た場合はAXIORYが有利です。スタンダード口座については、最小値、平均値ともにAXIORYがより狭いです。さらに取引手数料については、XMの場合1lotあたり2$高くなります(XM ZERO口座とナノスプレッド口座の比較)。

ただしXMはボーナスサービスが充実しています。口座開設ボーナスの3,000円や、50%や20%の入金ボーナスなど魅力的なサービスが多いです。一方AXIORYにはそのようなボーナスはほとんどありません。ボーナスを重視するか、スプレッドを重視するかといったスタンスの違いで業者を選ぶと良いでしょう。