XM口座開設方法、デモ口座開設方法やQ&A、入出金方法、実際のトレード参考サイト

FXで少ない資金で利益を大きく出したいならばハイレバレッジの海外FXを利用するのが一番です。人気のXM口座のトレード結果報告や口座開設方法を解説しているブログもあるから参考にするといいね。
海外FX XMトレードで億トレーダー
fx-kaigai-trade-blog.com

XMを使うメリット

XMは海外FX業者としては日本で最大口座開設数を誇ります。そのため顧客側は安心感を覚えますが、これは大きなメリットの一つです。ネット犯罪への危惧や、ネット上の金銭取引には大きなリスクが伴うという不安感を持つ方は少なくありません。すでに知名度が高く大きな事故を起こしてもいないブローカーの場合、入金したお金や取引で発生した利益がなくなってしまう可能性は極めて低いです。XMはこの点安心感のある業者です。

最大レバレッジが888倍という数字もメリットです。国内のFX業者の場合は最大でも25倍です。その約35倍ものレバレッジが可能なため、ハイリターンの取引を行うことができます。レバレッジが高いほどハイリスクにもなるものの、資金が少ない方は小額の取引から始めることでリスクマネジメントができるでしょう。しかもXMではゼロカットシステムが採用されています。そのため急激に相場変動が起きた場合でも、追証に伴う借金の発生は起こりません。国内FXの場合はロスカットが遅れてしまって、自己資金だけでは足らずに借金を被る恐れがあります。この点XMはマイナス分はゼロにしてくれるため安心です。

さらにリクオート(発注価格ではなく粗の時点で決済可能価格で取引する仕組み)がないため、計画的な決済が可能です。約定拒否もありません。統計では99.35%の注文が一瞬で約定されます。
別の魅力は入金ボーナスです。5万円までの入金でボーナスクレジットが100%つき、10万円の証拠金として取引に使えます。また4,500ドルまでは20%のボーナスがつきます。加えて口座開設により、30ドルのボーナスがつきます。そのため入金することなくすぐに取引可能です。

XMのデメリット

XMは魅力が多いものの、デメリットもあります。まず海外からの出金(被仕向送金による出金)をする場合は5営業日前後見ておく必要があります。クレジットによる出金では1~4営業日ほどかかります。

国内FXよりは出金に時間がかかります。また税金面でのデメリットもあります。国内FXの場合は申告分離課税ですが、XMでは雑所得扱いになります。そのため損失時の繰越向上が適用されません。今年度と次年度の損益相殺ができないということで税金がかかる可能性があります。

XMを使うのに向いている方は?

XMはすでに国内において多くのユーザーを獲得しています。またサイトも日本語に対応している他、日本語でのチャットも可能です。そのためFXに興味がある方や、海外FXは未経験の方、そして追証なしの取引を希望される方には使いやすいブローカーと言えます。他にも国内FXでは経験できないハイレバレッジでのハイリターン取引を味わい方や、追証リスクを避けたい方にも最適です。