XM口座開設方法、デモ口座開設方法やQ&A、入出金方法、実際のトレード参考サイト

FXで少ない資金で利益を大きく出したいならばハイレバレッジの海外FXを利用するのが一番です。人気のXM口座のトレード結果報告や口座開設方法を解説しているブログもあるから参考にするといいね。
海外FX XMトレードで億トレーダー
fx-kaigai-trade-blog.com

XMの口座は3タイプ

XMでのFX取引を行う場合、どの口座を選ぶかが重要になります。XMにはマイクロ口座、スタンダード口座、XM ZERO口座という3タイプの口座があり、それぞれの口座に特長があります。基本通貨オプションやゼロロスカットシステムなどは共通している部分がありますが、1ロットの単位がマイクロ口座は1,000で、他の2タイプは100,000です。最低発注ロットは各口座、0.01ロットからの発注が可能なので小額資金からのトレードも可能なのでありがたいですね。

このように口座ごとの違いがあるため、それぞれの口座の条件を把握した上で口座を選択することが大切です(複数口座を所有する事も可能)。口座ごとに異なる他の条件についても見てみましょう。

口座ごとの最低入金額とスプレッド

まずは最低入金額の違いです。最低入金額はFX取引を始めるにあたって行う入金のことです。口座開設時に必要となるため、取引の有無に関係なく用意しなければなりません。クレジットカードやデビットカードを使った場合は即時、口座に反映しスピーディーに取引を開始出来ます。カード入金の場合はXMではマイクロ口座とスタンダード口座の場合、最低入金額は500円(5US$)となっています。XM ZEROも500円(5US$)です。海外FX業者の中で500円(5US$)という最低入金額は非常に良心的と言えます。お小遣い感覚での取引が可能です。国内銀行振り込みによる入金にも対応しており、最低入金額は10000円~となります。三井住友銀行、りそな銀行への振り込みとなりますので口座に反映する時間も早いです。

続いてスプレッドですが、こちらはマイクロ口座とスタンダード口座が通常時、ドル円の場合1.7銭程度で、ZEROは0ピップ~となります。ZERO口座がスプレッドゼロ~になるためおトク感が大きいです。ただしZERO口座は100,000US$取引の度に、発注と決済分とで5US$の取引手数料がかかります。取引量を計算した上で、スプレッド面でのメリットを図ると良いでしょう。なおXMは3000円ボーナスがついた口座開設を行っています。入金不要で取引が可能になるため、このチャンスを利用すると良いでしょう。

口座ごとの最大レバレッジ

国内レバレッジの最大数は25倍です。それに対してXMでは最大888倍という、国内の約35倍ものレバレッジをかけることが可能です。口座ごとの内訳をみた場合、マイクロ口座とスタンダード口座が最大888倍なのに対し、XM ZEROでは最大500倍です。US$5-$20,000入金の場合は1倍-1:888倍、US$20,001-$100,000の場合は1倍-200倍、US$100,001 以上の場合は1倍-100倍となります。一方XM ZERO口座の場合は。US$100-$20,000入金の場合は1倍-1:500倍、US$20,001-$100,000の場合は1倍-200倍、US$100,001 以上の場合は1倍-100倍となります。