なぜ海外FXは儲けやすいのか

チェック画像海外FXを選ぶ人の多くはレバレッジの高さ

ハイレバレッジでの取引ができれば同じ証拠金でも、10倍も100倍も大きい金額で取引できるようになります。

当サイト一押しのXMの最高レバレッジは888倍。AXIORYは400倍、TitanFXは500倍です。

チェック画像ハイレバレッジで利益を出せる

同じ時間と体力をかけてハイレバレッジで利益を出せるなら、誰でもハイレバレッジでの取引を選ぶでしょう。

チェック画像海外FXは入金ボーナスやサービスが豊富

海外FXでは入金ボーナスやサービスが豊富で国内FXに比べるとお得にFXを始められます。

 

海外FX、国内FX、どちらにもメリットはありますが、海外FXを選ぶ人の多くはレバレッジの高さ、ロスカットのゆるさを知ってのことでしょう。ハイレバレッジでの取引ができれば同じ証拠金でも、10倍も100倍も大きい金額で取引できるようになります。日本ではせいぜい25倍のレバレッジまでですが、これは法律で定められてしまっているためで、2018年にはレバレッジが10倍にまで引き下げられるのではないかとも言われています。

FXトレードの魅力の一つでもあるこのレバレッジが日本国内ではどんどん下がっていく流れになっているため、もっとがっつり利益をあげたい方は海外FXで活動したほうが資金効率が断然良くなります。同じ取引数でもレバレッジを変えればそれだけ利益を10倍にも100倍にもできるため、同じ時間と体力をかけてハイレバレッジで利益を出せるなら、誰でもハイレバレッジでの取引を選ぶでしょう。

さらに、海外FXでは入金ボーナスやサービスが豊富で国内FXに比べるとお得にFXを始められます。資金を少しでも増やした状態で取引が始められて、さらにハイレバレッジで利益を出せるというのが海外FXの強みです。

日本国内でも取引できる

チェック画像日本から海外FXを利用できます

日本国内からでも取引口座にアクセス・ログインできれば日本から海外FXを利用できます。

チェック画像XMTradingが一番おすすめ

レバレッジの高さや取引の自由度を考えるとXMTradingが一番おすすめです。

チェック画像がっつりハイレバレッジで利益を出せるという魅力

海外FXでは保証は不十分ですが、がっつりハイレバレッジで利益を出せるという魅力がある

海外FXは自身が海外に行かないと取引できないわけではありません。FXはオンライン取引がメインなので、日本国内からでも取引口座にアクセス・ログインできれば日本から海外FXを利用できます。セキュリティ面、万が一会社が倒産したときの保証があるAXIORYやTitanFXなどは国内から利用していてもおそらく安心でしょう。

しかし、レバレッジの高さや取引の自由度を考えるとXMTradingが一番おすすめです。海外FXでも既に日本語に対応しているサービスがほとんどで、MT4を使用して取引できるのも海外FXの魅力です。もちろん、当サイトで紹介していない海外FXには完全に英語でしか運営されていないものもありますが、ここで紹介している海外FXはひとまず日本語化されているので、取引しづらいことはないです。テクニカルサポートなども日本語で対応してもらえるので、わからないことがあっても安心です。

国内FXは保証がないとFX会社を運営できないなどのユーザーにとっての安全性は高いですが、海外FXでは保証は不十分ですが、がっつりハイレバレッジで利益を出せるという魅力があるので、どちらが良いかという点はなかなか判断はしにくいです。 たとえば、1万円で取引する場合、レバレッジ25倍の国内FXとレバレッジ400倍の海外FXで取引するならば、レバレッジ400倍の海外FXで行ったほうが単純計算16倍もの利益が出せることになります。保証がなかったとしても1万円から10万円を投機として海外FX口座に入れて、がっつり入れば取引して利益を出して、すぐ引き出すようにすればそこまでリスクは大きくならずにFXの恩恵にあずかれます。

海外FXの安全性は何で判断する?

海外FXは保証がない所が多く、破産したり、取引を強制中止されてしまったときの損失などを補填してくれるものがないこともあります。国内FXで認可を得て営業するには保証をきちんとつけておくように決められているので安全ですが、海外ではその保証がないため、泣き寝入りするしかありません。

AXIORYやTitanFXのように海外FXでも保証がある会社はありますが、取引する金額がそこまで大きくなく、10万円から30万円くらいを最悪すべて失っても問題ないくらいの方ならリスクがあってもハイレバレッジの海外FXでがっぽり稼ぐというのもありでしょう。

海外FXの安全性をチェックするには、保証する会社があるのかどうか調べることと、セキュリティ対策がきちんと取られているかで判断します。会社の経営状況もチェックし、あまりにも新規ユーザーの集客ばかりに力を入れている場合はそこまで安定した経営ができていない可能性があるため、海外FXの運営状況もチェックしておくと、リスクマネジメントになります。海外FXの会社でも倒産することはあるので、海外FXが破産する兆候があれば早めに撤退し、保証がある会社でもその補償をきちんと受けられるよう条件だけは満たすようにしておきましょう。

がっつり稼ぎたいなら海外FX

FXで少ない資金で利益を大きく出したいならばハイレバレッジの海外FXを利用するのが一番です。スプレッドは少し高めでも、十分な利益が出るほどの仕組みが海外FXには用意されているのでがっつり稼ぎたいなら海外FXを早めに始めておきましょう。

入出金ともに、VISAのクレジットカードやデビットカードを使用すれば手数料はほとんど無料で利用できます。NetellerやSkrillなどを利用することもでき、ビットコイン建てでFXすることも可能です。海外FXでも入出金をクレジットカードで行う場合は、日本にいながら余計な手数料はかけずに取引していけますので、ちょうど使いやすいクレジットカードやデビットカード、盗難補償や不正利用対策に強いクレジットカードなどを導入しておくとさらに安全になるでしょう。

入金はそこまで手間はないですが、出金方法に制限が出てしまうのが海外FXの欠点なので、事前に自身に適した出金方法を選べるように準備してください。国内FXなら銀行口座への出金もスムーズにできますが、海外から一般的な銀行口座に送金する場合は手数料がかなりかかってしまうので、無駄の出ないように工夫しましょう。

FXで少ない資金で利益を大きく出したいならばハイレバレッジの海外FXを利用するのが一番です。人気のXM口座のトレード結果報告や口座開設方法を解説しているブログもあるから参考にするといいね。
海外FX XMトレードで億トレーダー
fx-kaigai-trade-blog.com

おすすめの海外FXランキング

XM

特徴

最もおすすめの海外FXは「XMTrading」です。レバレッジも理想的、スプレッドも変動とはいえ十分狭く、取引手数料も入出金手数料も無料という太っ腹のサービスです。最低入金額が少ないので、個人投資家、少額から投資したい人にもおすすめできるのがXMです。デモ口座がきちんとあるので、本格的に取引する前にXMでの取引に慣れた状態でスピーディーな取引ができるでしょう。ハイレバレッジでの取引を取引手数料無料でできるのは非常に魅力的ですので、がっつり利益をあげたい方は登録しましょう。 海外FXが初めてと言う方はデモ口座で練習してみるのもよいですね。

使いやすさ
掲載情報量
総合評価

総評

レバレッジ1倍から888倍
スプレッド変動スプレッド
手数料入出金手数料&取引手数料無料
最低入金額クレッジット、デビットカード入金の場合
MICRO口座:5ドル(500円)
STANDARD口座:5ドル(500円)
ZERO口座:5ドル(500円)
国内銀行送金の場合
10000円~

手数料無料
デモ口座あり

公式サイトはこちら詳細ページはこちら
AXIORY

特徴

バランスの良い海外FX「AXIORY」は、レバレッジは最大400倍と少し低めですが、スプレッド、手数料がはっきりしていて、人によっては取引スタイルとマッチするでしょう。最低入金額は20000円と無難な金額ですので、個人投資家でも初心者でもなんとか始められるでしょう。デモ口座も合わせて利用して、きちんと取引スタイルや、AXIORYでの取引のクセに慣れてから、多額を投入するようにしましょう。

使いやすさ
掲載情報量
総合評価

総評

レバレッジ1倍から400倍
スプレッドスタンダード口座:5pips
ナノスプレッド口座:2pips
手数料スタンダード口座:取引手数料無料
ナノスプレッド口座:取引手数料3ドル/1ロット
最低入金額20000円
デモ口座あり

公式サイトはこちら詳細ページはこちら
TitanFX

特徴

よくも悪くもないといった海外FX「TitanFX」は、レバレッジ500倍、スプレッド約0.9~約2.2pips、取引手数料はスタンダード口座ならば無料です。最低入金額は200米ドル、日本円で約20000円ですので、比較的始めやすいです。デモ口座もあり、主婦トレーダーなどにも注目され始めているようなので、この機会に始めてみても良いでしょう。

使いやすさ
掲載情報量
総合評価

総評

レバレッジ1倍から500倍
スプレッド0.9pips~2.15pips
手数料ブレード口座:1取引約300円
スタンダード口座:取引手数料無料
最低入金額200ドル
デモ口座あり

公式サイトはこちら詳細ページはこちら
Land-FX

特徴

ECN講座もあり、スプレッドは狭く、レバレッジは十分魅力的です。取引手数料は往復0.7pipsなため、そこまで手数料はかかりません。一番のネックは最低入金額の高さです。デモ口座はあるので、海外FXでの取引に慣れたい人向けの練習用として活用することもできそうです。最低入金額が多すぎるため、初心者や個人投資家はむやみにチャレンジせず、最低入金額が低くて始めやすいところから慣れていきましょう。

使いやすさ
掲載情報量
総合評価

総評

レバレッジ1倍から500倍(ECN口座は最大200倍)
スプレッド0.8pips~1.8pips
手数料取引手数料0.7pips
最低入金額20万円
デモ口座あり

公式サイトはこちら詳細ページはこちら
IronFX

特徴

欠点も多く、時には出金拒否されたという噂も聞きますが、基本的には魅力的なレバレッジ、スプレッドの海外FX「IronFX」です。最低入金額がかなり多く、2500USD必要なため、完全にプロ向けなのか、経営難なのかは分かりませんが、実質新規ユーザーを真剣に集めているようには感じられないです。サービスそのものは悪くはないので、きちんと調査した上で登録してみてください。

使いやすさ
掲載情報量
総合評価

総評

レバレッジ1倍から1000倍
スプレッド0pips~6pips
手数料基本無料
最低入金額2500USD
デモ口座あり

公式サイトはこちら詳細ページはこちら

クチコミ情報

海外FXは初心者でも始められた

私が海外FXを選んだのは、1回の取引で一気に利益をあげられるという情報を耳にしたからです。あまり中級者と言えるほどFXに詳しくはないですが、同じ金額でも取引に仮想的に使える金額が日本では25倍までですが、海外FXでは400倍、500倍以上にも設定できるようでした。国内FXで25倍のレバレッジで1000円の利益にできる場合、海外FXでレバレッジ400倍で同じ取引をすればその利益は単純に16倍の16000円になるわけです。

為替レートはどこでもほぼ同じで、そこそこチャートも読めて、取引の勝ち方も身についているのであれば、海外FXに移動してしまったほうが収益は数倍になるでしょう。逆に考えれば、国内にいながらもレバレッジを一気に高めて、一気に利益をあげられるのに、レバレッジの低い取引を続けているのは効率的ではないと考えるのが当然でしょう。 登録する時に心配になったのは本当にオンライン上で登録できるのかということと、本人確認書類等は免許証で良いのかどうかという点、個人情報が流出しないかという点でした。

しばらく海外FXで取引して、何度も出金、入金もしていますが、クレジットカードの情報が抜かれるようなことも、不正利用されることもなく、安心して取引できています。出金をする時にデビットカード、クレジットカードに送るという感覚が分かりませんでしたが、ひとまず結果的に口座に入れてもらえるということで、国内FXで取引しているよりも高いモチベーションで毎日取引できるようになりました。

英語は少しでもできたほうがいい

国内FXから海外FXに移転してからだいぶ経ちますが、未だに英語で困ることはあります。口座やオンラインサポートも日本語で対応してくれるところで取引していますが、国内FXでは見たことのない新しい単語やカタカナ混じりの言葉が多く、何が何を意味しているのかいつまで経っても勉強は欠かせません。スタンダード口座だけでの取引ならばまだ慣れさえすればよいですが、今後ステップアップしていって、もっとたくさん取引できるプロ向けの口座を持つようになるとしたら、今のうちから英語や専門用語を学んでおかないといけなさそうです。

海外FXの専門用語は、会社によっても言い方や表現が異なっているようで、スプレッド、取引手数料の書き方などもクセがあってわかりにくいところもあります。収益に関しては海外FXのハイレバレッジのおかげで困ってはいないですが、未だに出金依頼を出すときにはどうもビクビクしてしまいます。海外FXではマネーロンダリングへの対処がかなり厳しく、何に問題もなく、悪いことをしていないのに、会社の都合で出金拒否する所もあると聞いています。

せっかく稼げても出金できなければ意味はなく、いざというときには英語でも苦情を言えるようにしておいたほうが良さそうだとは感じています。大きいトラブルが起きた時ほど、日本語対応はしていないとなることもあるので海外FXを始めるならば、最初はデモ口座で練習しながら単語、表現、手数料の感覚に慣れておいたほうが良さそうです。